東京・葛飾区堀切 福喜湯 【東京銭湯お遍路260湯目】<廃業>

2013年6月18日(火) 葛飾区堀切  福喜湯 【東京銭湯お遍路260湯目】

京成本線堀切菖蒲園駅からは、徒歩4分程。

営業時間・定休日がかなり自由気ままとの噂だったので、16:20頃に到着。
案の定、「まだ準備が出来ていないので30分位、どこかで暇を潰してね」とのこと。。。

ポジティブに考え、折角なので、季節も良いので『堀切菖蒲園(入場無料)』(福喜湯から徒歩7,8分)を観賞し、17時過ぎ、再訪。

牛乳石鹸の暖簾をくぐり、下足場。
おしどり錠の下足箱。
左男湯
番台。

壁側にロッカーと島ロッカーが1つ。
天井は、船底天井。
レトロな壁掛け大型扇風機
表通り側に、坪庭スペースありますが・・・ほぼ放置、物置状態。
全体的に、かなり年季が入っています。

店主一人で釜炊き、番台をこなしているため、サービスは限定的になっています。

島カランが2列ある広い洗い場ですが、「シャワーが出るのは男女境壁の一列だけ~」、とご主人。

浴室の方、背景画は、早川さんの富士山ペンキ絵。「伊豆海岸 平成十二年七月三十一日 早川」の銘あり。
特徴的な波飛沫、十年以上前に描かれたものにしては良い保存状態です。

男女境壁には、欧風の山湖風景のチップタイル画があります。
白鳥がやけに大きく、足漕ぎ遊覧ボートの様に見えるのが特徴的(?)。
壁側は、玄関と同じような、所々に赤青黄などの色がはいったブロックガラス。
浴槽は浅湯、深湯の基本2槽。
右側深湯、左側浅湯ともにジェットやバイブラはOFF。
浅湯の背面中央の湯口から、静かにお湯が湧き出るのみ。

とても静か・・・・落ち着きます。

行き来するのは分るけど、裏の釜場に通じる扉が開けっ放しなのは、ご愛嬌。

若い女性や一見さんには、ちょっとハードルの高い、ジモ専銭湯。

いいお湯でした。

※ 自身が調べた範囲ですが、現存する故・早川絵師の東京銭湯ペンキ絵がある銭湯は、これで訪問終了。
  2007年12月から計69ヶ所。
  この内、残念ながら廃業された銭湯が11ヶ所。
  訪問後、新しく描き替えられた所もあるので、目にすることが出来る銭湯は、大分減ってしまいました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
福喜湯
東京銭湯マップ番号 葛飾7
東京都葛飾区堀切5-11-5
営業時間 16:00~22:00
定休日 土曜日
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

天使のくま
2013年06月25日 17:35
ここは、二回ほど入りましたが、足を運んだ回数はその3倍くらいになります。まあ、ほんとうに、気ままというか、不思議な銭湯です。でも、これで営業が成り立っているのかどうかわからないのですが、寂しい男湯に対し、女湯からは近所のおばさんたちににぎやかな会話が聞こえてきました。憩いの場として、大切な空間になっているのかもしれません。
gokuraku4126
2013年06月29日 11:38
天使のくまさん コメントありがとうございます!
30分待ちでも、初訪で入れたのは幸運だったのですね!!
内風呂の延長線、銭湯というよりは共同湯、なのでしょうね。ユニークな銭湯でした。(笑)
2014年06月28日 22:28
残念ながら、2014/6/1に廃業されたそうです。
かいとう
2019年01月08日 13:52
福喜湯のアップありがとうございました。当銭湯の店主の甥に当たる者です。私は子供の時からずっとこの銭湯で育っており、今でも銭湯が大好きです。自由気ままなほったらかしの状態に対する皆様の暖かいコメント本当にうれしいです。今は廃業しアパートになっていますが、このページで往時を思い出し感慨にふけっていました。
ちなみに店主は今でも気ままに余生を謳歌しています。
2019年01月12日 22:48
かいとう様
コメントありがとうございます。
東京銭湯588湯巡りましたがユニークさでは間違いなく上位にランキングの銭湯でした。
ご主人ご健勝で何よりです。
羨ましいです~(^▽^)/

この記事へのトラックバック